私のおじいちゃんの家。

私のおじいちゃんの家。

今でも時々懐かしく思い出す、祖父の家。今ではもうなくなってしまった家ですが、私にとっては大事な思い出です。

思い出すと、家の中を漂っていたお線香のような匂いが思い出されます。

母の実家だったその家は、山の奥にありました。誇張ではなく本当に山の奥!
庭には湧き水もありました。冷たい水をすくったり、飲んだり。野菜を冷やしたりもしていました。

家の裏には、蜜柑畑もありました。裏の山ではたけのこ掘り。

そう、まるでトトロ!そんな田舎の一軒家でした。

夏の手汗

今でもはっきり覚えているのが、その家の階段がとてつもなく急だったこと。はしごのような階段でした。
7歳か8歳の頃、その階段から転げ落ちました。

階段の下で祖父がキャッチしてくれました。そのおかげか、鼻血が出ただけで済んだのですが、年上の従兄弟達が鼻血が出たことをからかって私は号泣。
祖父が従兄弟達を叱ってくれたのを覚えています。

その家の台所は、今思うととてつもなく狭かったです。昔の家によくあるような、ちょっと湿度の高いキッチン。

その小さなキッチンで祖母はいつもあれこれと料理を作ってくれました。
なかでも肉じゃがは最高!
じゃがいもが苦手だった私を、すっかりじゃがいも好きに変えてしまったくらいです。

祖母の料理上手な血。
どうも私は受け継がなかったみたいですが。
(妹はしっかり祖母の血をひいたようで、料理上手!)

祖父の家では、よく虫が出ました。
ギャーギャー喚く私を尻目に、手づかみで虫を退治する祖母。
「虫ぐらいやっつけられんとお嫁に行かれんぞ」と笑っていた祖父。
(私がいつまでも結婚できないのはそのせいかもしれません)

いつでも暖かく迎え入れてくれる暖かい場所。今思うとあの家はその象徴でした。

もう、あの家はなくなってしまったけれど、いつか私がそんな場所を作れたらいいなと思います。

妥協できないマイホーム探し

妥協できないマイホーム探し

ムダ毛処理とプール

マイホーム探しを始めて早2ヶ月がたつ。

お金がたくさんあるなら選びたい放題かもしれないが我が家はそんな余裕のある家庭ではない。
条件は
3500万以下。
駅から15分以内。
駐車場が狭すぎない。
日当たりがいい。
3LDK以上。
私の実家が遠すぎないこと。

こんな感じである。

でもまず困るのが予算。
月々8万以下の支払いを目標とするとこれ以上あげられない。
それに私は今子育て中の専業主婦の身。
これ以上の支払いは主人もしんどいだろうし、
貯金もできなくなってしまう。
すでにもう30軒くらい見ただろうか。
とっても気に入った物件があったのに
申し込みを迷っているうちに決まってしまった。
物件とは縁。
縁がなかったのかもしれない。
そこを迷ったわけはごみ捨て場所が敷地の真横だったから。
マナーの悪い人がいたら、
鳥が頻繁にきたら、
虫が湧いたら。
なんてことを考えていたらなかなか踏ん切りがつかなかった。

でもなくなるとそれが惜しくなるものでその家が頭から離れない…
それからまたたくさん物件を見た。
理想は駅から10分以内。
毎日駅を使う主人のことを考えたらできるだけ近い方がいい。
夏場暑い中歩くのも大変だろう。
自転車でも降りたら汗が止まらないまま満員電車は大変だろう。
でもなかなか10分以内だと予算内で出てこない。
賃貸とは違って気に入らないからすぐ引越しとは行かないからとても慎重になってしまう。
慎重になりすぎて決められないのが本音。
結婚を決めるかのように慎重に。
あとはやっぱり子育て環境。
小学校が遠すぎないかも考えなくてはいけない。
あまり暗い道は将来不安になるはず。
こうやって家探しをすると
マイホームを持っている人がとてもすごい人に感じる。
我が家は注文住宅を構えるお金はないので建て売りで買うけれどなかなかうまくはいかない。
宝くじでも当たったらいい所に家を買うのにな。