身の丈に合った住宅購入

身の丈に合った住宅購入

野良猫対策

できれば新築の家に住みたい。できれば駅から近くて便利な場所に住みたい。できれば庭があって日当たりの良い家に住みたい。などなど希望をあげればきりがない。

でも住宅の購入には予算というものがある。無理をして背伸びをして購入したとしても良いことなどない。ローンが重くのしかかるだけだ。

ママ友と家について話をすることがある。「ハウジングセンターへ見に行ったが、結局は有名ハウスメーカーではなく地元の工務店に決めたよ。

だって、人生は家だけでは終わらないからね」と。また別のママ友は「知り合いでね、ローンを組んで借りれるだけの金額を借りたんだって。

でも旦那さんの年齢は40歳。そこから35年のローン。土地は購入して、建てるのは今からだけど、返せるかどうかとっても不安なんだって」と。

また別のママ友は「家は買ったけれど、共働きしないとローンの返済が大変だからと子どもを1歳から保育園に預けて働いている友人がいるよ。

せっかくの家なのに昼間は誰もいなくて、何のための住宅購入だったんだろうね」と。

いろんな話を聞けば聞くほど、身の丈に合った住宅購入が大切なんだな、と思い知らされる。私も最初はその「身の丈に合った」がよく分からなかった。今の同じ家賃分ならば、ローンの返済は可能だと思っていた。

でもそれは違う。固定資産税や住宅の維持費などが賃貸の時と違って持ち家には発生してくる。それに、今は子どもが1歳で子どもにお金がかかることが少ない。

だか、今後子どもの保育料やら教育費が発生していく。さらに今は一人しかいない子どもも、もしかしたらもう一人増えるかもしれない。

将来、この先なんてどうなるか分からない。だからこそ、背伸びをして住宅を購入をしてはいけない。

結局、私達家族の身の丈に合った住宅は「築15年の中古一戸建て」だった。でも、それが正しい判断だったと思っている。

高齢に向けての準備。賃貸のマンションにチェンジ。

現在は、自分の家となる注文住宅に住んでいるのです。

今では一人暮らしとなっているため、その家が広すぎると感じるのです。
子供が育つ間は、家族が住むための家として今の家の広さが必要でした。

でもこの先、少し年齢も重ねることでいつ何事があるかわかりません。
その為にも、賃貸のマンションに住むことが良いと思っています。
つまり少ないものとはなりますが、財産の整理をしておきたいのです。

家をもっていることで、子供に私がいなくなった時には片づけをしないといけないのです。
私みたいに中途半端となる少しの財産の持ち主は、整理をしておくことで、残された娘たちはラクに感じると思うからです。

自分の身の周りの、片づけの様なことをしておきたいのです。
収納スペースが十分にある、マンションに移り住みたいのです。

今もっているお嫁入りした時の箪笥は、親が買って下さったものでもったいない気はするのですが、自分の持ち物を少なくする為処分する予定です。
お気に入りのソファーと台所に置く食器棚とダイニングのテーブルと椅子とは、家を建てた際のお祝いとして両親から受け取ったものですから、それだけは置くことが出来るマンションに住みたいのです。

後の洋服の数や靴は、最小限度の数にしたいのです。

賃貸のマンションとなる場所と立地条件とは、こだわりがあります。
私が育った市内で、両親のお墓のある場所に近いところに住みたいのです。
現在は身体も動きますが、だんだんと歳を重ねることで身体の不自由さを感じると思うからです。
そしてコンビニが近くのマンションでしたら、食材を簡単に手に入れることができます。
スーパーでは、お買い物は広さがあり困難となります。

それだけまでも考え、人生の最後までなるべく人のお世話にならなくて、自分の家で暮らしたいのです。

歳をとっても、自分の身体の事ができたらよいのであり、お墓の管理が出来たらよいと思うからです。
エレベーターのついた一番上の階に、住みたいのです。
高齢になる前に、13階建て位の一番上の階に移り住むことで見晴らしもよくて、人生の最後をゆったりとした気持ちで過ごす事が出来るからなのです。