私のおじいちゃんの家。

私のおじいちゃんの家。

今でも時々懐かしく思い出す、祖父の家。今ではもうなくなってしまった家ですが、私にとっては大事な思い出です。

思い出すと、家の中を漂っていたお線香のような匂いが思い出されます。

母の実家だったその家は、山の奥にありました。誇張ではなく本当に山の奥!
庭には湧き水もありました。冷たい水をすくったり、飲んだり。野菜を冷やしたりもしていました。

家の裏には、蜜柑畑もありました。裏の山ではたけのこ掘り。

そう、まるでトトロ!そんな田舎の一軒家でした。

夏の手汗

今でもはっきり覚えているのが、その家の階段がとてつもなく急だったこと。はしごのような階段でした。
7歳か8歳の頃、その階段から転げ落ちました。

階段の下で祖父がキャッチしてくれました。そのおかげか、鼻血が出ただけで済んだのですが、年上の従兄弟達が鼻血が出たことをからかって私は号泣。
祖父が従兄弟達を叱ってくれたのを覚えています。

その家の台所は、今思うととてつもなく狭かったです。昔の家によくあるような、ちょっと湿度の高いキッチン。

その小さなキッチンで祖母はいつもあれこれと料理を作ってくれました。
なかでも肉じゃがは最高!
じゃがいもが苦手だった私を、すっかりじゃがいも好きに変えてしまったくらいです。

祖母の料理上手な血。
どうも私は受け継がなかったみたいですが。
(妹はしっかり祖母の血をひいたようで、料理上手!)

祖父の家では、よく虫が出ました。
ギャーギャー喚く私を尻目に、手づかみで虫を退治する祖母。
「虫ぐらいやっつけられんとお嫁に行かれんぞ」と笑っていた祖父。
(私がいつまでも結婚できないのはそのせいかもしれません)

いつでも暖かく迎え入れてくれる暖かい場所。今思うとあの家はその象徴でした。

もう、あの家はなくなってしまったけれど、いつか私がそんな場所を作れたらいいなと思います。

不動産探しについて思ったこと

不動産探しについて思ったこと

 

不動産ではまず土地探しをとてもしました。色々な土地によって大きさや土地に関する種類、間口の広さその土地の地盤、また土地の価格を随分沢山見たように思います。

土地を探す場合、ほとんどがまだ更地でなく、家が建っている状態のものがほとんどでした。

土地を売る方のほとんどが今まで住んでいたところから例えば一戸建てからマンションに引っ越すために土地を売りたいと思われていたり、子育てを終えた世帯が生活を利便性を上げて住まいの広さを狭くするという目的で売りに出されていたりします。

色々みさせてもらって思った事はすぐに売りたいと望んでいる方などはすぐに話がまとまりやすいとも聞きました。

要するに売りたい側と買いたい側の利害が一致すればすんなりと話がまとまることなのですが、難しいのは土地と一言言ってもその土地の特徴や大きさによっては買うのもためらう方もいます。

例えば旗土地と言って奥側に家があるところなどは角の四角い土地と比べると悩みます。

 

中には旗土地をあえて選ばれる方もいます。家に車を所有している家によっても求めている土地が違ったりします。ある程度の希望の広さがあった場合、ほとんどが土地の価格で決まるのではないかと思うのです。

そして大抵いい土地はその地域を知り尽くしている不動産屋さんまたはハウスメーカーが抑えていて、不動産屋さんの場合は土地によっては条件付土地と言ってハウスメーカーが決まっているという土地だったりします。

それも個々で条件が合えば問題はないのですがそれはもう買う人との相性、あらゆる条件の妥協点などがどこまで詰められるかによります。

土地に条件付がなかったとしても、既に家が建っているところの場合解体費用もかかります。

一つとして同じ条件の土地はありませんので、なるべくなら沢山見てその界隈の土地の平均価格や良い土地とはどんなところだろうかという気持や、どこまで家にお金をかけられるかというのを見学しながら考えていくのは必要です。

太るための運動

妥協できないマイホーム探し

妥協できないマイホーム探し

ムダ毛処理とプール

マイホーム探しを始めて早2ヶ月がたつ。

お金がたくさんあるなら選びたい放題かもしれないが我が家はそんな余裕のある家庭ではない。
条件は
3500万以下。
駅から15分以内。
駐車場が狭すぎない。
日当たりがいい。
3LDK以上。
私の実家が遠すぎないこと。

こんな感じである。

でもまず困るのが予算。
月々8万以下の支払いを目標とするとこれ以上あげられない。
それに私は今子育て中の専業主婦の身。
これ以上の支払いは主人もしんどいだろうし、
貯金もできなくなってしまう。
すでにもう30軒くらい見ただろうか。
とっても気に入った物件があったのに
申し込みを迷っているうちに決まってしまった。
物件とは縁。
縁がなかったのかもしれない。
そこを迷ったわけはごみ捨て場所が敷地の真横だったから。
マナーの悪い人がいたら、
鳥が頻繁にきたら、
虫が湧いたら。
なんてことを考えていたらなかなか踏ん切りがつかなかった。

でもなくなるとそれが惜しくなるものでその家が頭から離れない…
それからまたたくさん物件を見た。
理想は駅から10分以内。
毎日駅を使う主人のことを考えたらできるだけ近い方がいい。
夏場暑い中歩くのも大変だろう。
自転車でも降りたら汗が止まらないまま満員電車は大変だろう。
でもなかなか10分以内だと予算内で出てこない。
賃貸とは違って気に入らないからすぐ引越しとは行かないからとても慎重になってしまう。
慎重になりすぎて決められないのが本音。
結婚を決めるかのように慎重に。
あとはやっぱり子育て環境。
小学校が遠すぎないかも考えなくてはいけない。
あまり暗い道は将来不安になるはず。
こうやって家探しをすると
マイホームを持っている人がとてもすごい人に感じる。
我が家は注文住宅を構えるお金はないので建て売りで買うけれどなかなかうまくはいかない。
宝くじでも当たったらいい所に家を買うのにな。

一戸建て夢のマイホーム

事の発端は賃貸の一戸建ての持ち主が来年帰ってくる、というところから始まりだった。

一年後には引っ越し完了にしておかなければならない。そうなったときに、どこへ移るか。私が知らない間に決まっていったことで、よくは内事情は知らないが、新しい家をたてる、そう告げられた。

皆の将来を見据えて今の時期が丁度いい、と言っていた。
増税前に滑り込んで家をたてればお得だとも、金銭面に対する焦りもこぼしていたような気がする。
この時点で既に、増税まであと一年を切っていた。

急ピッチで不動産会社と話し合いを進めていく。子供部屋は何部屋必要で、土地も何台の車が駐車できるスペースがほしい、そして、ローンも一ヶ月に返す金額はこれくらい、と言ったように必要な要件を幾つか提示していった。

そこまではとても順調に進んでいたらしく、話を進めていく当事者たちは難なく進んでいくことに不信感さえ覚えていたらしい。

確かに、そう簡単には世の中なってはいなかった。

初めての審査は落ちてしまったのだ。その時、親たちは落胆の色を一日中浮かべていたものだ。挫折を味わったに違いなかっただろう。しかし、不動産会社の人もこれまた熱心に再度の審査の見積もりを行ってくれた。

今度は何度も何度も打ち合わせや書類を見合わせて、次に備えてくれたお陰で、増税まで三ヶ月を切ったところでようやく審査が降りた。

そこからとんとん拍子で地鎮祭を済ませ、工事が始まった。私はその時、工事の様子をちょくちょく見に行った。数人と少人数で機械の音を鳴らし頑張ってくれていた。

それから四ヶ月経たない内に完成し、今は新築三年目の家で悠々自適に過ごしている。

工事現場の埃っぽいところから、新しく耐震性にも優れた安心できる家が出来てくるこの感動は、未だに忘れられない。

色んな人の協力の上で私たちの住む家は、安心できるものになっているのだから、感謝してもしきれない。

私は将来、家をたてたいと、思う。

築31年!同級生!?

こんにちは。我が家は夫婦子供3人の5人家族です。

4年前に中古の一戸建て住宅を買いました。

ピカピカのマイホームが夢だったのですが、新築を建てる余裕もなく、中古になってしまいました。

中古住宅でもまだ新しくて綺麗なのも沢山でていたのに、場所と値段と義父の強い勧めで、昭和60年に建てられた家になってしまいました。そうです!私と同い年です!

鉄筋コンクリートで昔にしてはとても高くて立派な家だそうですが、外装も内装も私は嫌い!
私の夢はお城みたいな〜西洋住宅のような〜

洋風な家が好きなんです!

なのにこの家は四角くて屋根もないし、とにかく可愛くない!

中はリフォームされてるとこもあって、風呂トイレは綺麗だったのでまだよし!
壁紙と床、畳は入る前に全部張り替えて、綺麗になったのですが、、、

とにかく昔の作りだから家具の配置もむずかしければ、台所も離れてるし、おまけに2階に部屋が2つしかない!

我が家子供3人いるのに部屋が足りないじゃないかーー!

 

現在2階の一部屋は寝室!まだ子供が小さいから家族5人で川の字で寝てます。
もう一部屋は洗濯兼子供の遊ぶ部屋です。

一階に和室があってそこを長女と長男の部屋にしてるんですが、6畳に学習机2つおいたら狭い狭い!しかもこれまた作りが昭和だからドアを潰して学習机をおいてる感じですかね。押入れもこの際潰してしまいたいくらいです。本当に間取りが嫌!

最終的にはこの家を選んでしまったから仕方ないのですが、まだまた憧れの新築マイホームが諦めきれない!!

周りの友達が新築を建てたりしてるのを見たり聞いたり悔しすぎるー!
こんなはずじゃなかったと後悔…

もう少し頑張って新築建てればよかった。
中古にローン35年…まだまだ先は長いです。
もう絶対新築なんて…(涙)

でも諦めきれない!

宝クジで夢は買えるかもしれない。
夢を買おうじゃないか。

お城を手に入れるまでがんばります!!

今の時代、マンションが流行るその理由。

今の時代、マンションが流行るその理由。

 

前々から思ってたことなんですが、やっぱり人は誰でもいずれはマイホームというものを手にしたいと考えるものですよね。これはいわば社会人の憧れであって、実現したい夢の一つとなっています。

シェア畑で有機栽培

マイホームには、マンション派と戸建派なんて言われる人たちもおりますが、どっちがいいのかなんて、これはそれぞれ好みも価値観も違いますから言うことはできない。

でも、それを徹底的に真剣に考えてみますと、自分が求めているマイホームがどっちなのかということはわかってきそうですね。

今は圧倒的にマンションを好む方が多いようにも思われますが、これはいったいどういうことなんでしょうか。たんにマンションブームの影響からではないような気もいたしますが。

この特長を簡単に言うということは、本当に難しいものでして、実際に住んでから実感できることっていうのも、きっとあると思うのですね。

マンションに住む魅力で忘れてはいけないのが、セキュリティ面ですね。エントランスがオートロックで管理人がいれば、自分の住戸だけ鍵をかければいいわけですからね。これは安心だと言える。

もともとマンションというのは立地を考えてつくられているものですから、生活利便は整っているものですよね。通勤や買物に便利な場所、それがマンションの立地というもの。

まあ、今はマンションでもメゾネットタイプというものもありますが、大概、マンションはワンフロアであることが多い。だから階段の上がり下がりがないので体に負担もない。高齢化社会の現代には最適なのではないでしょうか。

別に以上の理由から、マンションが戸建よりも優れたマイホームであるというのではけっしてないのですが、今の世の中、マンション派が増えているわけは分かりそうですよね。

これからもいろんなマンションが誕生するでしょうが、やっぱり一番に考えたいことは、自分の生活というものですね。

また最近ではシングルマザーの方が子供に資産を残すために、中古マンションを購入する方が増えてきているようです。

シングルマザーの方にとっても家選びは、建物本体だけではなく、その地域などが重要となってくるそうです。

なぜなら地域によって、助成や補助などが異なってくることがあるからだそうです。

つまりシングルマザーにとって住みやすい地域で、不動産を購入するということなのです。

身の丈に合った住宅購入

身の丈に合った住宅購入

野良猫対策

できれば新築の家に住みたい。できれば駅から近くて便利な場所に住みたい。できれば庭があって日当たりの良い家に住みたい。などなど希望をあげればきりがない。

でも住宅の購入には予算というものがある。無理をして背伸びをして購入したとしても良いことなどない。ローンが重くのしかかるだけだ。

ママ友と家について話をすることがある。「ハウジングセンターへ見に行ったが、結局は有名ハウスメーカーではなく地元の工務店に決めたよ。

だって、人生は家だけでは終わらないからね」と。また別のママ友は「知り合いでね、ローンを組んで借りれるだけの金額を借りたんだって。

でも旦那さんの年齢は40歳。そこから35年のローン。土地は購入して、建てるのは今からだけど、返せるかどうかとっても不安なんだって」と。

また別のママ友は「家は買ったけれど、共働きしないとローンの返済が大変だからと子どもを1歳から保育園に預けて働いている友人がいるよ。

せっかくの家なのに昼間は誰もいなくて、何のための住宅購入だったんだろうね」と。

いろんな話を聞けば聞くほど、身の丈に合った住宅購入が大切なんだな、と思い知らされる。私も最初はその「身の丈に合った」がよく分からなかった。今の同じ家賃分ならば、ローンの返済は可能だと思っていた。

でもそれは違う。固定資産税や住宅の維持費などが賃貸の時と違って持ち家には発生してくる。それに、今は子どもが1歳で子どもにお金がかかることが少ない。

だか、今後子どもの保育料やら教育費が発生していく。さらに今は一人しかいない子どもも、もしかしたらもう一人増えるかもしれない。

将来、この先なんてどうなるか分からない。だからこそ、背伸びをして住宅を購入をしてはいけない。

結局、私達家族の身の丈に合った住宅は「築15年の中古一戸建て」だった。でも、それが正しい判断だったと思っている。

高齢に向けての準備。賃貸のマンションにチェンジ。

現在は、自分の家となる注文住宅に住んでいるのです。

今では一人暮らしとなっているため、その家が広すぎると感じるのです。
子供が育つ間は、家族が住むための家として今の家の広さが必要でした。

でもこの先、少し年齢も重ねることでいつ何事があるかわかりません。
その為にも、賃貸のマンションに住むことが良いと思っています。
つまり少ないものとはなりますが、財産の整理をしておきたいのです。

家をもっていることで、子供に私がいなくなった時には片づけをしないといけないのです。
私みたいに中途半端となる少しの財産の持ち主は、整理をしておくことで、残された娘たちはラクに感じると思うからです。

自分の身の周りの、片づけの様なことをしておきたいのです。
収納スペースが十分にある、マンションに移り住みたいのです。

今もっているお嫁入りした時の箪笥は、親が買って下さったものでもったいない気はするのですが、自分の持ち物を少なくする為処分する予定です。
お気に入りのソファーと台所に置く食器棚とダイニングのテーブルと椅子とは、家を建てた際のお祝いとして両親から受け取ったものですから、それだけは置くことが出来るマンションに住みたいのです。

後の洋服の数や靴は、最小限度の数にしたいのです。

賃貸のマンションとなる場所と立地条件とは、こだわりがあります。
私が育った市内で、両親のお墓のある場所に近いところに住みたいのです。
現在は身体も動きますが、だんだんと歳を重ねることで身体の不自由さを感じると思うからです。
そしてコンビニが近くのマンションでしたら、食材を簡単に手に入れることができます。
スーパーでは、お買い物は広さがあり困難となります。

それだけまでも考え、人生の最後までなるべく人のお世話にならなくて、自分の家で暮らしたいのです。

歳をとっても、自分の身体の事ができたらよいのであり、お墓の管理が出来たらよいと思うからです。
エレベーターのついた一番上の階に、住みたいのです。
高齢になる前に、13階建て位の一番上の階に移り住むことで見晴らしもよくて、人生の最後をゆったりとした気持ちで過ごす事が出来るからなのです。